· 

琉装で七五三撮影

宮古では、11月だけでなく、わりと年中、七五三撮影をされる方が多いかもしれません。

 

今回は、七五三撮影を兼ねた家族写真の出張撮影。

みんなで、沖縄ならではの”琉装”をご着用になりました。

あぐに美容室さんで着付けされたそうです。

最後まで着崩れることのない、しっかりとした着付け!さすがです。

 

Y家の撮影は、今回で4回目。

いつも撮影しながら、パパさん、ママさんの愛情と、家庭のあたたかさを感じています(^^)

とっても素敵なご家族で、私の憧れ。

”Y家の専属カメラマンin宮古島”にしていただいて、本当に感謝感謝なのです。

そんな中、ママさんより、とても嬉しいお言葉をいただきました。

「ちあきさんに撮ってもらうと、娘たちもいい表情してるんです!」

もう~これは、メールを読みながら涙してしまいました。

 

4回目の撮影とはいえ、娘ちゃんたちが、私に懐いているわけではありません(笑)

とってもキュートな姉妹で、私は大好きなので、いつも慣れなれしく話しかけてみますが、軽くスルーされます(^^;

可愛さとは裏腹に、なかなか手強い!ツンデレです。

 

でも、たぶん、嫌われているわけではなく?

照れ屋さんで、人見知りなだけ。子供あるあるです。(ずいぶん、ポジティブな解釈!笑)

 

なので、撮影スタートの段階では、大抵、こんな感じなのです。

そこから、パパさん、ママさんの協力を得て、Y家のある合言葉で、笑顔を引き出してもらいます。

合間合間は、自由に動き回ってもらっています。

子供に、「はい!ここに立って!カメラ見て~」は、なかなか通用しないからです。

あと、長時間、黙ってポージングも無理です。

すぐに飽きちゃいますからね。 

だからこそ、好き勝手にできるという その自由な動きの中で、自然な表情が見られると思います。

 

さて、七五三撮影で、せっかくの宮古神社。 

やはり、神殿をバックに撮りたいわけです。

 

長女ちゃん、眩しい中、とってもがんばってくれました。

次女ちゃんはというと、さすがの自由奔放!(笑)

なかなか指定の位置には、立ってくれません。

 

どうするか?

 「パパとママのところまで歩いてきて~」(これでもダメな子もいますが・・・)

と、歩いてもらいながら撮影。
その間、パパとママが声をかけてくれています。

 

子供の撮影をするときは、子供と同じ目線になることが基本!中腰や膝立ちなど、姿勢を低くして撮影することが多いです。

中腰で、動き回る子供を追うのは、なかなかハードなのです(笑)

神社の後はビーチへ!

宮古の暑い気候の中、着物姿を嫌がる子は けっこう多いんですよ。

そんな中、「脱ぎた~い!」ということもなく、最後までがんばってくれました。

 

たくさんの可愛い笑顔を見せてくれてありがとう!

宮古島での日々・・・

素敵な家族の1ページを撮影させていただき、本当にありがとうございました!

帰ってきたら、また、撮影させてくださいね(^^)