炎天下の暑さ

宮古島の 3月~11月の平均気温は20℃を超えます。

年間通して湿度も高いため、曇りでも、気温以上に暑く感じると思います。

お天気が良いと 海は最高にキレイですが、

  • 日陰がなく、直射日光にさらされる
  • 照りつける陽差しが痛い
  • 日焼け止めを使用しても かなり焼ける・赤くなる
  • 曇りでも焼ける
  • 白砂の照り返し、眩しさで目が開かない
  • 真夏の野外撮影は、乳児には負担が大きい

など、天候によって差はありますが、6月~9月くらいまでは、特に注意が必要です。

近年は熱中症の問題もございますので、熱中症対策は万全に!!

無理のないようご参加ください。

4月中旬~10月上旬頃のビーチフォトは、暑さと混雑を避けるため、9:00AMスタートをオススメしております。(冬季は10:00AM以降)

飲み物と帽子、タオルや日除けになるものなどを 必ずご持参ください。


風の強さ

もちろん毎日ではありませんが、海沿いは 内陸に比べ風が強いため、

  • サイドに垂らした髪が顔にかかって、表情が見えない
  • 髪がボザボザになる
  • 髪のお直しに時間がかかり、スムーズに撮影出来ない

ということが多々ございます。

これは、ウェディングに限ったことではなく、どの撮影でも同じです。

自然体でOK!という方は良いのですが、気になる方はまとめてきてください。

念のために、髪留めを常備しておくと安心です。

もちろん、お子様も同様です。

花冠はピンで固定しないと、ずれたり、落ちたりしやすいです。

また、強風の場合は砂が巻き上がります。

大人よりも視線の低いお子様は、目に砂が入ったり、お顔が砂だらけになったりということもございます。

紙製や軽い小物類も飛ばされやすいので、お持ち込みがある場合は 十分ご注意ください。(ページ最下部をご確認ください)



オススメのビーチ

ご宿泊先に近い場所や、撮影に関する具体的なご要望をお伺いして ご提案致します。以下、参考写真を掲載しておりますので、ご参照ください。

海の青さは 太陽次第でもあります。

太陽の加減で 海の色は変わりますので、曇っていてもキレイな青が見られることもありますし、湿度が高いと霞んでしまうこともあります。
満潮時と干潮時でイメージもずいぶん変わりますし、場所によっては、撮影できる時間帯が限られていることもあります。

また、台風後、強風時、波が高いと撮影が難しいポイントもございます。

自然相手ですので、いつでも同じ状況ではないということを、予めご理解くださいませ。

さらに、トップシーズンは、多くのビーチにおいて人が多く混雑します。

特に、前浜ビーチ、砂山ビーチ、新城海岸などでは、パラソルや人の写り込みを避けての撮影が難しいこともございますので、予めご了承ください。

夏は日中大変暑いため、9:00AM~・16:00PM~など、比較的涼しい時間帯がベストです。

撮影場所によっても異なりますが、以下、西側のビーチが多いため、午前中がオススメです。

与那覇前浜ビーチ

  • 駐車場 〇(ハイシーズンは大混雑・一部有料)
  • シャワー室 〇(有料)
  • 海水浴客や訪れる人が非常に多い。
  • マリンレジャー、パラソル有り。

与那覇前浜港付近

  • 駐車場 〇
  • シャワー室 △(前浜ビーチに有り)
  • 海水浴客はいない。ほとんど人も来ない。

与那覇前浜・西側(干潮時のみ撮影可)

  • 駐車場 × 
  • シャワー室 ×
  • 海水浴客はいない。ほとんど人も来ない。

渡口の浜

  • 駐車場 〇(スペースが少ないので、時々混む)
  • シャワー室 △(野外シャワー)
  • 海水浴客や訪れる人は多い。前浜ほど混まない。

長間浜

  • 駐車場 〇(スペースが少ないので、時々混む)
  • シャワー室 ×
  • 訪れる人は多いが、泳ぐ人はほとんどいない。

猫の舌ビーチ(干潮時ベスト)

  • 駐車場 〇
  • シャワー室 ×
  • 訪れる人は多いが、泳ぐ人はほとんどいない。


小物のお持込について

あまりに数が多いと、小物撮影ばかりで撮影終了となってしまうこともございますが、こだわりのあるものや、思い入れのあるアイテムは、是非お持ちください!

バルーンやガーランド、その他紙製のアイテム、フレーム、シャボン玉などは、風の影響で 撮影が難しかったり、準備に時間がかかることがございます。

また、風船や紙、ビニール袋などは、簡単に飛ばされてしまいます。飛ばされれば、ゴミとなり、環境にも 生き物にも 害を及ぼしてしまいます。

特にバルーンは、撮影中ずっと手に持っているわけではないので、飛ばされることのないよう しっかりと管理できる状態でご用意ください。

お荷物は小分けではなく、持ち運びやすいよう大きな袋におまとめいただくことをオススメします。

細心の注意を払い 撮影しておりますが、美しい海を守っていくためには、皆様のご協力も必要です。

ご理解いただけますよう 宜しくお願い申し上げます。