大切なものは、日々の暮らしの中にある

何気ない日常にこそ、価値がある

 

特別な日も、あたりまえの毎日も、

気にも留めないような見過ごしてしまいそうな出来事でさえ、

そのすべてに価値がある。

 

大切な人と過ごす 二度と戻らない時間

あたりまえの日常の中にあるシアワセと想いを、

写真という〈カタチ〉 にして残してほしい。


2016年2月

私は沖縄本島へ緊急搬送され、妊娠24週で初めての出産をしました。

283gという未完成の小さな体で生まれた娘は、誕生からわずかな時間で息を引き取りました。

悲しいという言葉では足りないほど、辛い出来事。

でも、この事は私にとって大きな転機でもあり、なぜ家族写真を撮るのかを改めて考えるきっかけにもなりました。

『家族の "今" を写真にして残す』

 

誕生から成長の過程、成人して、結婚して、また家族が増えて・・・

たくさんのシアワセと思い出に溢れた日々だけど、

忙しなく過ぎゆく時間とともに、その記憶も薄れていきます。

 

そんな中、ふと写真を見返して、当時の記憶や想いが甦ることがあります。

 

正装した家族写真、着飾らないありのままの家族の姿、

そこには、家族の「今」が記録されています。

そしてそれは、未来へ繋がっていきます。

 

私が〈出張撮影〉にこだわるのは、いつもの家族の姿、その時見た光景、空気感、そういったすべてを残すことに意味があると考えているからです。

 

もっと自由に、もっと気軽に、写真を残してほしいと思います。

撮影する人:オクヒラ チアキ

宮古島出身。

高校卒業後、大阪へ。

専門学校卒業後、様々な職種を経て、

2007年 ウェディングフォトグラファーとして活動開始。

2011年 故郷 宮古島にUターン。

叔父の経営するスタジオで、年間200件以上の百日記念や七五三撮影、幼稚園や小中学校の卒アル撮影など、子供写真を中心に撮影。

2012年 従来の撮影に加え、ロケーションフォトも始める。

2016年 スタジオ退職。出張撮影専門 フォトグラファーとして独立。

ご家族専属のフォトグラファーとして、長くお付き合いいただけると幸いです。