Concept

シアワセのカタチ

大切なものは、日々の暮らしの中にある

大切な人と過ごす日々、その一瞬一瞬

あたりまえの日常の中にある シアワセと想いをカタチに・・・

どんなに素晴らしい日々も、時が経つと曖昧な記憶になる。

ふと写真を見返した時、その時の記憶が、想いが、甦る。

 

誕生から成長の過程、結婚して、また家族が増えて

特別な日でなくとも、その一生すべてが特別で、

日常こそが大切なのだと・・・

 

”写真を残す”

その本当の大切さを感じられるのは、 

 10年後、20年後・・・その先の未来にあるのかもしれない。

 

想いを未来へ繋ぐ

大切な今を、写真という "カタチ" にして


撮影する人/奥平千秋  Chiaki Okuhira

宮古島出身。

高校卒業後、大阪へ。

専門学校卒業後、様々な職種を経て、

2005年 アパレル会社退職後、写真会社のパート社員としてウェディング専門のホテル勤務。

内勤・アシスタントを経て、

2007年 ウェディングフォトグラファーとして、活動開始。

2011年 故郷 宮古島にUターン。

叔父の経営するスタジオで、年間200件以上の百日記念や七五三など、子供写真を中心に撮影。

同年、ロケーションフォト専門のサイトを立ち上げる。(現HPは2012年~)

スタジオ、学校アルバムなど、従来の撮影に加え、ロケーション撮影も始める。

2016年 スタジオ退職。

2017年より、 出張撮影専門のフリーフォトグラファーとして 活動中。現在に至る。



Miyako Island