写真は未来へのおくりもの


大切なものは 日々の暮らしの中にある

特別な日も あたりまえの毎日も

二度と戻らない時間だからこそ

家族の〝今〟を 写真というカタチにして残したい


誕生から成長の過程、成人して、結婚して、また家族が増えて・・・

たくさんの思い出に溢れた日々も、

忘れたくない 愛おしい瞬間も、

忙しなく過ぎゆく時間とともに 記憶も曖昧になり、少しづつ薄れていきます。

 

そんな中、ふと写真を見返して当時の記憶や想いが甦ることがあります。

 

正装した家族写真、飾らないありのままの姿、シャッターをきった瞬間、

そこには家族の「今」が記録されています。


家族写真は未来への贈り物です。 

 

消費されるだけではない、日々の大切さを感じられるものを…

日常の中にある小さなシアワセ、想い、その時見た光景、そういったすべてを、写真にして残してほしいです。

写真を撮る人:オクヒラ チアキ

2016年2月

沖縄本島へ緊急搬送され、妊娠24週で初めての出産をしました。

283gという未完成の小さな体で生まれた娘は、誕生からわずかな時間で息を引き取りました。

産後の検査で18トリソミーだった事がわかり、もし予定通り生まれたとしても、1年生存率は10%未満だったと言われました。

この事は私にとって大きな転機であり、「なぜ家族写真を撮るのか」改めて考えるきっかけにもなりました。

どれだけ時間がかかっても「写真はいきる力を与えてくれる」そう思っています。

▷難病を抱えるお子様の撮影は無料ですので、一度ご相談ください。

宮古島出身。

高校卒業後、大阪へ。

専門学校卒業後、様々な職種を経て、

2008年 ウェディングフォトグラファーとして活動開始。

2011年 故郷 宮古島にUターン。

叔父の経営するスタジオで年間200件以上の百日記念や七五三撮影、小中学校の卒アル撮影など、子供写真を中心に撮影。

2012年 従来の撮影に加えロケーションフォトを始める。

2016年 スタジオ退職。出張撮影専門のフォトグラファーとして独立。

2021年12月を以て、ウェディングフォトは一旦休止。

《家族専属のフォトグラファー》として、長くお付き合い頂けますと幸いです。